FC2ブログ

潮干狩りの道具で便利なおすすめはコレ!禁止されている道具は?

shiohigari_boy.png
潮干狩りは春先のレジャーとして人気が高いです。
潮干狩り中も和気あいあいと楽しいですし、

終わったあとは美味しい貝料理が食べられます。

子供と一緒に楽しめるのも、魅力の一つですよね。


今回は、潮干狩りに必要な道具、あったら便利な道具について解説していきます。

持っていく道具に悩んだとき、たくさん獲ろうという時には、
ぜひ参考にしてみてください。

禁止されている道具についても触れていますので、
潮干狩りに行く前に一度目を通しておくと安心だと思います。


にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

潮干狩りに最低限持っていきたい道具はこれ!禁止されている道具はある?

まずは、潮干狩りに行くとなったら必ず押さえておきたい道具をまとめます。

これがないと潮干狩りが始まりませんので、
チェックシート代わりにしながら確認しておきましょう。

・熊手

砂を掘るためには必須と言える道具です。

100均やホームセンターなど、さまざまな場所で購入できます。

値段や質もピンキリなので、みなさんのやる気に応じて買うと良いでしょう。

良い熊手じゃないと潮干狩りがうまく行かないということはないので、
こだわりがなければ安いものでも十分だと思います。


また、網目がついたタイプの熊手もあります。

こちらの方が掘りながら貝も一気に回収できるので、
非常に効率良く潮干狩りを進めることができておすすめです。

ただ、乱獲のようになるおそれから、
潮干狩りの会場によっては網目付きの熊手を禁止している場合もありますので、
使おうと考えている場合には、事前に要確認です。

ちなみに、レンタル熊手がある会場もありますので、
場合によってはこちらで用意しなくても楽しめることもあります。

・水の染みない手袋

潮干狩りの最中は貝を拾うために砂の中に手を入れることも多いです。

割れた貝殻や尖った石が落ちていることも珍しくないので、手袋は必須です。

特に子連れで行く場合などには、子供に手袋をさせるのは忘れないようにしましょう。


また、ただの軍手だと水を吸って冷たく重くなるので、
できればゴム手袋やマリングローブのようなものがおすすめです。

・バケツ

あとは、潮干狩り中に獲った貝を入れておく入れ物が必要です。

クーラーボックスなどで持ち帰る場合でも、
砂浜を歩き回ることを考えるとバケツなどの軽い入れ物がおすすめです。



ただ、あさりは潮を吹くので、バケツのまま持って帰ろうとするなら、
蓋付のバケツにするか、大きめのビニール袋などでバケツごと覆うなどの
周りを汚さないような対策が必要になります。

この3つの道具があれば、とりあえず最低限安全に潮干狩りを楽しめるでしょう。

逆に、潮干狩りで禁止されている道具もあります。

それは、鋤簾(じょれん)と呼ばれる道具です。

鋤簾は漁師などが貝類をごっそり取るための道具になります。

これは潮干狩り会場ではほとんど禁止されていますので、

使用しているところを見られたら追い出されてしまいます。

ネット通販で数千円で買えることもあり
思わず買ってしまいそうになりますが、禁止道具なのでやめましょう。

禁止道具を使っていると、最悪の場合海上保安に摘発され
罰金を取られることもあるようで、毎年100人以上摘発されています。

ルールを守って、楽しく潮干狩りをしましょうね。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。