FC2ブログ

隕石にまつわる雑学


cosmo_inseki_12043-450x337.jpg
今回のテーマーは「隕石」


1:世界で一番隕石を所有してる国は『日本』である。なんとその数16700個!

   
日本は国土が狭いので日本国内に落ちた隕石は50個ほどが認定されています。あれ?
16700個じゃないかと思った君。実は残りの16950個はなんと『南極』から発見されたものです。
日本は南極にある『やまと山脈』と名づけた山脈の麓でそれらの隕石を回収研究しや結果こうなりました。
やまと隕石と呼ばれ1969年に見つかったのが最初だそうです。



2:世界で一番古い隕石は日本にある。(記録として)

861年5月19日(貞観3年4月7日)ニ福岡県直方市に落下した隕石で、須賀神社に保存されている
直方隕石(0.472kg)ちなみにそれ以前に一番古いとされていたのが1492年11月7日に
アルザス(フランスの北東部の地方)のエシスハイムに落下したもの(127kg)でした。
一気に400年の更新です。これはすごい!あくまでも記録として残ってるてだけですけどね。
古さでは勝ってるけど大きさでは圧倒的に負けてます。てか127kg・・・って



3:隕石の名前は落下した地方を受け持つ郵便局(郵便区)の名前がつけられる(世界の慣例となってきている)

理由、発見者で名前をつけるともめるから!だそうです納得。
何故郵便区かと言うと砂漠や山脈に落ちたりすると警察署や消防署はないことも多いいが
どこの国でも郵便区が存在する・・てことから世界の国々で使われていることから使われてるそうです。
(その事を考えると世界中の国家が存在する土地なら必ず郵便物が届く!てことだと思います・・・
郵便局の配達員の方々の苦労が忍ばれます。)
ちなみに複数の地域にまたがった場合一番大きい破片の場所の郵便局名になるそうです。
他にも同じ区内に複数の隕石が落ちた場合(a)(b)(c)と分類するそうです。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ
にほんブログ村

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。