FC2ブログ

タクシードライバーの給料

car_taxi2.png
就職先を探すなら、確かにタクシードライバーになるのが簡単かもしれませんね。

全国どこでも応募の求人欄は多いみたいですから。

最も、給料というか賃金は、20万、30万貰えますとあっても、なかなかその稼ぎになるのはしんどいものです。頑張れば何とかなると思うのですが、生半可の覚悟では、はっきり言って無理でしょう。何の仕事でもそうですが、楽して高給というのはそれは無茶でしょう。

20万の給料がとあれば少し頑張って17万ぐらいでしょうね。普通にやってればせいぜい10万になるかならないかぐらいでしょう。

基本給は5万程度(会社によってちがうでしょうが)。昼間の時間手当、深夜手当、家族手当や勤続手当、祭日出勤手当など休まず出勤しても売り上げが上がらなければ給料は10万もあるのかな?税金や厚生年金などもろもろ引かれれば手取りはやはり7万前後じゃないでしょうか。



多分どこの会社も足きりという額があって、それ以下だと売り上げに対する歩合が付かない。それ以上売り上げると、その割合によって歩合が変わるというシステムをとっていると思います。

よくあるのが30万円がその足きりの基準額。それ以上の売り上げがあれば2万、4万と売上額によって%が上がっていきます。

会社によって違うかとも思いますが、たとえば35万売り上げた場合30万が足きりなので、5万に対して%が付くかといえばそうではなく、その下に基本金額というのがあって、うちの場合はその金額が23万なので、売り上げに対する加算額は35万-23万=12万に対して45%の54000円が給料に加算されます。

35万が38万だったり40万になるとその%テージも48%や50%に増えていきます。まあ、おおむね50%か51%ぐらいが限度かもしれませんね。

時間当たりの最低賃金がいくらだとか言われてますが、タクシードライバーにとってその賃金が支払われているのかどうかはわかりません。

労働時間からいえば月給はそれ以上になるはずですが、実際は時間給×労働時間=給料にはなりませんからね。

最も、タクシーに乗って外に出ていても売り上げが上がらなければ、会社としても給料の払い当てがないわけで、さぼって1日何もしなくてもお金がもらえるのもおかしなものですが、それにしてもタクシー業界の給料は厳しいですね。

昔と違って利用客も少なくなっています。流しで走らせていても手の上がることも少なくなってます。でも、タクシーがなくなれば困る人も大勢いると思いますよ。

逆に言えば、頑張れば頑張っただけ稼げるのもタクシードライバーです。何の仕事もきついです。楽して給料は増えません。やるしかないですね。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。